三大合併症

糖尿病の症状

糖尿病は自覚症状が現れにくい病気ではありますが、それでもいくつかの症状があります。中でも「だるい、疲れやすい」「のどが渇く」「尿の量が増えた」「すぐにお腹がすく」などは、比較的早い時期に現れやすい症状で、糖尿病を発見するきっかけにもなります。


だるくなるのは、インスリンの作用不足により、ブドウ糖をエネルギーに変えることができないためです。また、吸収しきれなかったブドウ糖を尿として排出する際にたくさんの水分が必要となることからのどが渇き、尿の量が増えます。


糖をエネルギーとして使用できないため、お腹がすきやすくなります。さらに進行すると糖の代わりに体脂肪を分解してエネルギー源にするようになります。このため、たくさん食べても痩せるようになります。 糖尿病の症状だけを見てみると、それほど大変な病気とは思えないかもしれません。しかし糖尿病の本当の恐ろしさは、合併症にあるのです。血液は全身をくまなく流れています。


血液中のブドウ糖濃度が高いということは、全身が砂糖漬けになっているようなものです。さまざまな臓器に糖分が染み込めば、当然障害が起こります。こうして合併症が発症するのです。糖尿病の合併症には、体の基本的な機能にダメージを与え、最終的には死に至るような深刻なものが少なくありません。


また、一度合併症を発症してしまうと完治は難しく、合併症を未然に防ぐことが大切になります。糖尿病の予防・改善は、合併症を防ぐことといっても過言ではありません。合併症をうまくコントロールできれば、糖尿病の人も健康な人と同じように過ごすことが可能です。つらい症状がないと油断してしまいがちですが、手遅れにならないように早め早めに手を打つことが大切です。