三大合併症

糖尿病網膜症

網膜とは、眼をカメラにたとえるとフィルムにあたる部分です。網膜は多くの血管から栄養を得ていますが、高血糖の状態が続くと、この血管に障害が起こります。やがて網膜に小さな出血が起こるようになりますが、放置しておくと出血範囲はどんどん広がっていきます。


ものが見えにくくなったり、視力が低下するという症状が現れるのはある程度進行してからのことが多く、初期のうちはほとんど自覚症状がありません。初期は網膜に小さな出血が起こる程度ですが、進行すると増殖膜で網膜が引っ張られて剥離したり、硝子体で大きな出血が起こるようになります。


このため、気づいたときには手遅れだった、というケースも多くみられ、ある日急に眼が見えなくなった、眼の前が真っ暗になったということになります。眼科で診察を受けると硝子体出血や網膜剥離と診断されることもあります。糖尿病網膜症は成人の失明原因の第一位で、毎年約3000人が、これにより失明などの視覚障害を起こしています。


糖尿病そのものが自覚症状の少ない病気です。体に異常をきたすような自覚症状が出た場合はすでに手遅れということにもなりかねません。このため血糖コントロールをしっかり行うとともに、定期的に眼科で診察を受ける必要があります。現在最も有効な治療法として網膜光凝固術があげられます。


これは有害な新生血管の出現を防ぎ、現れた新生血管をレーザー光を焼きつぶす治療法です、これにより硝子体出血や網膜剥離を予防することができます。いずれにしても少しでも早い発見が望まれますがそれは本人の糖尿病に対する意識によるところが大きいのです。