血糖値が上がるしくみ

インスリン

私たちが摂取した食物は、体内で分解・合成されます。このとき、私たちの体内ではエネルギーが作られ、また消費されています。こうした一連の流れを代謝と呼び、代謝をスムーズに行うために、さまざまなホルモンが働いています。


代謝を助けるホルモンの一つに膵臓で作られるインスリンがあります。インスリンはブドウ糖が細胞に取り込まれるのを助ける働きがあり、インスリンのおかげで私たちは血糖値を一定に保つことができるのです。


ところがインスリンの分泌量が少なかったり、働きが悪かったりすると、ブドウ糖を細胞に取り込むことができません。つまりエネルギーに代謝することができないのです。こうなると体はエネルギー不足になり、血液中にはエネルギーとして利用されずに余ったブドウ糖が残されます。すると、血液中のブドウ糖濃度が高くなり高血糖となります。そしてこの高血糖の状態が一定以上のレベルで続くのが糖尿病なのです。


このように血糖値を下げることのできるホルモンはインスリンしかなく、膵臓になんらかの障害がおきるとインスリンの分泌が低下してしまいます。そうなると正常に血糖値を下げる事ができなくなり糖尿病の危険性が高まることになります。


また、インスリンは正常に分泌されているのにですが筋肉でのインスリンの作用が弱くなってブドウ糖を吸収できない場合もあります。筋肉がブドウ糖を吸収しなくなる原因として。生活習慣の悪化による脂肪の蓄積などがあり、肥満が糖尿病に深く影響する原因となっています。