食事療法

漢方と西洋医学

中国には古来より「医食同源」、あるいは「薬食同源」という言葉があります。これは「医」や「薬」の源は食事にある、つまり食事を正すことが病気の予防・治療に役立つとするものです。


この思想をもとに、中国が2千5百年の年月をかけて生み出したものが漢方医学です。糖尿病が、欧米化した現代食が原因で急増していること、食事の改善が予防・改善の大きな鍵を握っていることは周知の事実です。


「食」に重きをおく漢方医学の考えは、糖尿病の予防・改善にぴったりなのです。漢方医学の特徴として、全ての食べ物には薬効があると考え野菜、肉、魚、など食品そのものがもつ働きに注目しています。個人の体質にも注目し、同じ症状や病気であっても、人によって治療法を変えているのです。


西洋医学は糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなど食品の中に含まれている栄養素の働きに注目しています。漢方医学とは違って同じ症状の病気であれば基本的に同じ治療法が用いられます。このように漢方医学の考え方は、西洋医学の考え方とは異なります。現在の医学は西洋医学中心であるため、以前は漢方医学的な考えをまったく認めない病院も少なくありませんでした。


しかし現在では漢方医学でよいとされてきた食物や薬の効用が、栄養学などによって証明されつつあります。こうしたことから、漢方を積極的に取り入れる病院が増えてきました。漢方医学の考えは「糖尿病は食源病だから食で治す」が基本です。西洋医学の食事療法を基本に、毎日の食事の中に上手に取り入れていくとよいでしょう。