診断と治療

尿検査

糖尿病は自覚症状の現れにくい病気です。そのため、定期的に診断を受け自分自身の状態を知ることが重要です。健康診断などで行う尿検査は、従来から行われているもっとも手軽な検査のひとつです。


健康な方ですと栄養分であるブドウ糖は血液中に入り体内に回りますので尿からブドウ糖が出てくることはありません。しかし糖尿病にかかってしまいますと血液中のブドウ糖が体を動かすためのエネルギーの役目を果たせなくなり血管の中に貯まっていきます。


この貯まったブドウ糖が尿となって体外に排出されます。尿から糖が出ていれば糖尿病の疑いがあるということになりますが、軽度の糖尿病の場合、糖が検出されにくいことも少なくありません。また、前日に食べ過ぎたり、飲み過ぎたりすると、糖尿病でなくとも糖が検出されることがあります。


このように尿に糖が含まれているからといって糖尿病と決めつけてしまうことはできません逆に尿に糖が含まれていなくても糖尿病にかかっている人もいるのです。特に高齢者の方は尿に糖が出にくいという統計も出ています。


このため尿検査だけでは糖尿病の確定診断はできません。その名前から糖尿病の患者の尿には糖が含まれると考えられがちですがあながちそうとも言えません。今では糖尿病の診断には多種多様な方法が用いられていますので尿検査は初期段階におけるおおまかな目安という位置づけになっているようです。それでも尿検査で陽性が出た場合は糖尿病の可能性が高いためさらに詳細に検査を進めていきます。