運動療法

足ツボマッサージ

足には糖尿病の症状改善に効果のあるツボがあります。それらのツボを刺激すると、膵臓や胃腸の働きが活発になり、血糖値の低下につながります。足ツボマッサージには、ストレスを解消して、心をリラックスさせる効果もあるので、心と体の両方から糖尿病の予防・改善をサポートします。


ツボのもみ方は、親指の腹で揉むのが基本です。そして指の力を緩めても肌から指を離さないことがコツです。あらかじめ手は温めておくとより効果的でしょう。ツボは全身に存在しますが足裏にはとくにたくさんのツボが集まっています。


足ツボの位置はたくさんの本で解説されていますのでそれらを十分に活用してください。基本的にはあたりをつけて揉んでみて痛ければそこがツボです。痛くなければさらに周囲を揉んでみて痛いところを探します。


足の裏のツボの種類には、食べる前に揉むと食べ過ぎ防止の効果に効果のある「胃の経絡のツボ」や、ストレス解消に効果のある「脳下垂体のツボ」、ホルモン異常による肥満の他、体全体の調子を整える「万能のツボ」、内蔵の機能を高め、食べ物が常に消化・吸収されるようにする「胃・十二指腸のツボ」、膵臓の働きを促進し、インスリンがきちんと分泌されるようにする「膵臓のツボ」などがあります。


マッサージは基本的には自分で行いますが、症状が重いと感じた場合はマッサージ店にいくのもよいでしょう。自分で行う場合痛いと感じれば手加減をしがちですがマッサージ店では痛いことが効果のある証拠で適切に揉んでくれるのでより効果が期待できます。