予防と改善

サプリメント

食事として摂取した食物が体内で分解・合成されたエネルギーとなるためには、必要な栄養素が過不足なく摂取されていなくてはなりません。しかし現在では代謝に必要な栄養素を摂取するのは以下に示す理由で非常に困難なものとなっています。


理由の一つ目は栽培方法の変化や土壌の変質などにより野菜を中心として食材自体の栄養価が低下していること。二つ目は加工食品の増加があげられます。調理時の加熱などの加工により食品のもつ栄養素は減少します。特にビタミンなどは熱と水に弱いです。冷凍食品やレトルト食品の摂取機会も増え、栄養素が十分含まれていない食品が多くなりました。三つ目はストレスが増えたことでビタミンなどの消費量が増えたこともあげられます。


そこで利用したいのがサプリメントです。「サプリメント」とは、「足りないものを補給する、補完する」という意味で、食事では補いきれない栄養素を補給するための食品です。現代食は素材を加工することにより、食品が本来持つビタミンやミネラルなどの副栄養素を削ってしまいました。


結果、私たちは代謝に必要な副栄養素を失ったカロリーのかたまりを食べることになったのです。しかしサプリメントはカロリーを極力減らし、必要な栄養素の成分のみを抽出したものです。そういう意味でサプリメントは「逆加工食品」であるといえます。


サプリメントは薬と同じような感覚でとらえられがちですが、現在では健康ブームを反映して多くの人がサプリメントを利用しています。ただしあくまでも栄養素の摂取の基本は規則正しい食事であり、おいしい食事が代謝を高め代謝をよくしています。サプリメントは食事の補完であということを正しく理解し服用することが大切です。